広島学院中学校・高等学校

  • 受験生の皆様へ
  • 保護者の皆様へ
  • 卒業生の皆様へ

登山部の活動報告です。

トップ > 学校案内 > クラブ等活動報告 > 活動報告 登山部

2017年11月11日12日 中学新人歓迎登山(島根県三瓶山)2017年11月13日

 62期生新入部員11名を歓迎する登山を行いました!

 場所は、島根県三瓶山です。

 バスに揺られて二時間半、キャンプ場で昼食です。

 あれれ、まだ中一だけでかたまってますね。

 「さあ、テントたてるぞ~」 班長の声が響きます。

 実は、中二も先輩としての遠征は初めて。

 後輩の世話をできるのか… ちょっと緊張気味。

 設営を終えたら、さあ、夕食です。

 うまくできるかな~?

 少しずつうちとけていきます。

 日も暮れてきました。仲良くなってきたぞ。

 夜は、「三瓶自然館サヒメル」で天体観測会です。

 雲の流れがはやくて、「こと座のベガ」しか観ることができなかったけれど。

 みんな楽しそうでした。

 

 次の日は、5:00起床6:30出発です。

 一時間かけて男三瓶山1126mの山頂へ。

 霧に包まれて…はい、驚きの白さです… 

 何も見えないけど、めげずに「山ポーズ」

 今回は、女三瓶山、室ノ内池、孫三瓶山、子三瓶山と火口もめぐる縦走コース。

 下の写真、中一三人組は何を思っているのでしょう。

 「まだまだ歩くのかな~」 「平気だよ。」

 子三瓶山961mまで来ると、青空が広がっていました。

 「おれは走るぜ~」

 おお、元気ですねえ。

 約5時間半の登山行動。中一にはなかなかハードだったかな?

 でも、それを笑顔で乗り切るのが登山部です。

 いつもにこにこ朗らかに歩いていきましょう!

2017年9月30日 体育祭部活対抗リレー2017年10月03日

 恒例の部活対抗リレー、登山部も参戦!

 「おれたちはパフォーマンスしに来たんじゃねえ。

  ガチで勝負しに来たんだ!いくぞ!」

  気合いをいれます。 

 アルプスよりも空気は濃いぜ~

 ひたすら走ります。

 ザイル(ロープ)は重いが、

 半ズボンで軽量化だぜ~

 ひたすら走ります。

 ちなみに、バトンは「コッヘル」(鍋)です…

 結果は…残念ながら予選敗退でしたが、

 みなですがすがしい汗をかきました。

 

2017年8月20日~23日 中学夏山遠征(大分県くじゅう連山)2017年09月02日

 恒例の夏山遠征に行ってきました。 今年は、大分県くじゅう連山!

美しい青空のもと

久住山(1786.6m) 中岳(1791m九州本土最高峰)

大船山(1786.4m) 平治岳(1643m)に登りました。

 さあ、みんなで記念撮影です。 ハイッ山ポーズ!

 夏の午後は雷がこわいので、登山はお昼で終了。

 そのあとは、 

 ゆっくりとキャンプ場で過ごします。

 温泉に行ったり、川遊びをしたり、ボール遊びをしたり、昼寝をしたり…

 思い思いの時間をすごします。(なんと自由なのでしょう。)

 晩ごはんもみなでつくります。

 炊き込みご飯をつくったり、パスタを茹でたり…

 乾物などの、軽くて常温保存が可能な食材で工夫します。

 こちらの班は、一人変な格好をしてますね。

 川遊びからそのまま調理に突入したのでしょうか。

 あれれ、高校生指導員が何かしてますよ?

 どうも魚をさばいている様子。

 川に落ちていた釣り針で釣り上げたそうです。

 焼き魚にして食べていました。(サバイバル登山?)

 日が暮れると、空一面に星が輝きはじめます。

 あまりの星の多さにみな感嘆の声。

 もちろん天の川も美しく流れていました。

 「教育とは、よき思い出を子どもたちにつくることだ。」

 昔、先輩の先生方に教えていただいた言葉です。

 

 この遠征の

 くじゅうの山々での楽しい日々と

 美しい景色が、

 「よき思い出」となって、子どもたちの支えになりますように。

 そう祈りました。

2017年8月6日~10日 高校登山部 北アルプス(奥穂高岳)遠征登山 2017年08月14日

 高校2年生(58期)11名が、北アルプス(奥穂高岳)への遠征登山を行いました!

 8時間バスに揺られて、6日は長野県上高地へ。

 翌7日は、焼岳(2393m)へ登ります。

 下の写真、登っているところが見えますか?

 5:30に小梨平キャンプ場を出発して、約3時間で山頂到着。

 うーん、すごい硫黄臭。やはり火山なのですね。

 (ちなみにこのあと10日に水蒸気が吹き出ました。)

 午後からは台風が接近。急いで下山します。

 翌8日は一日中、大雨。

 この日は、全身ぐっしょり濡れながら移動し、横尾山荘に宿泊しました。

 さあ、9日は奥穂高岳(3190m)登山です。

 4:00に横尾を出発し、涸沢まで来ましたが、まだ雲は晴れません。

 うーん、台風が過ぎて、晴れの予報なんだけどなあ。

 ザイテングラートを登り、穂高岳山荘で雲が晴れるのを1時間待って、

 さあ、アタックです。

 やったー! 

 山頂に到着した瞬間、みるみる雲が遠ざかり、青空が広がっていきます。

 下の写真は、「オクホ」と人文字で表現しているのですが… わかりますか?

 今回、北アルプス初登山となる堀内先生も、

 ジャンダルムをバックにパチリ!

 うれしそうですねえ。

 さあ、帰りは、急なハシゴを降りなくてはなりません。

 下を見ると… ちょっとこわいですね。 

 再び、涸沢に到着。ここでお昼ごはん。

 結局、この日は上高地まで戻ったので

 13時間以上歩くことになりました。

 台風接近、大雨と大変な遠征であったけれど、

 無事に百名山を二つ登ることができました。

 3000m級の山々の大きく美しい姿を

 これから、心のなかに持ち続けてくれたらと思います。

高3引退式2017年08月03日

7月13日に高3の先輩方の引退式(通称、追い出し会)がおこなわれました。

 

まずは恒例の登山。足取り軽やかに登っていき、頂上で高3の先輩たちが後輩たちの到着を待ち構えます。

 

この日は快晴。季節によって、天候によって、いつもさまざまな風景を見せてくれる見越山ですが、この日は高3の先輩たちの引退を祝うかのようにすっきりと晴れ晴れしい景色を見せてくれていました。

 

k3

 

そして、これまた恒例の高3記念撮影。みんないい笑顔です。

 

ちなみに、HGACとは「Hiroshima Gakuin Alpine Club(広島学院登山部)」のことです。このボードは、かつての先輩たちが作り、後輩に残してくれました。

 

 

k3-2

 

 

この後、後輩たちから高3の先輩たちへのお礼のメッセージ、高3の先輩たちから後輩たちへ「自分が登山部で過ごした6年」が語られました。

 

 

そこで語られた、仲間の大切さ、先輩から教わったこと、後輩に頑張ってほしいこと、そして、自分の生き方。

 

先輩は引退しても、この思いはきっと後輩たちの胸の中に残り続けることでしょう。

 

S