広島学院中学校・高等学校

  • 受験生の皆様へ
  • 保護者の皆様へ
  • 卒業生の皆様へ

登山部の活動報告です。

トップ > 学校案内 > クラブ等活動報告 > 活動報告 登山部

2013年3月27日28日 高1宮島一周遠征2013年03月28日

 高1(54期)部員7名が、宮島一周に挑戦しました。

 「観光の島」というイメージの強い宮島ですが、南半分には手つかずの自然が残っています。車道も通っていません。

 山道、砂浜、岩場と変化に富んだ約30㎞の海岸線を走破します。 

 AM10:00 大鳥居の前で写真を撮り、小雨のなかですが、はりきって出発しました。

 潮が引くまでは山道を歩きます。

 PM12:00 やっと潮が引いてきました。

 さあ、砂浜を急ぎます。夕方までには幕営予定地に着かなければなりません。

 干潮時に砂浜・岩場を通らなければ、潮が満ちて通れなくなってしまうからです。

 (これは部員たちにかなりの恐怖感を与えました。)

 さて、ここで鹿の群れを発見!

 宮島では鹿なんて珍しくはないのですが、南の鹿は、野生度が違います。

 その走る姿の軽やかなこと!

 宮島桟橋で寝そべっている鹿のように堕落していません。

 そして…、この鹿の走りに触発された部員たちも…そう、走ります。

 まるで一昔前の青春ドラマのように… 

 しかしこの元気もここまで、砂浜の次は岩場の連続です。

 PM3:00 すでに5時間は歩いています。

 雨が降った後の岩場はすべりやすく危険です。

 さらに長時間、集中し続けなければなりません。

 

 岩場を終えて、なんとか、幕営地の青海苔浦に到着したのは、PM5:45。

 出発から約8時間かかりました。

 幕営地に着いたその瞬間、グッタリとしていたみんなの顔が。

 充実した顔に変わります。

 次の日は、車道を約3時間歩くだけの行程です。

 AM11:00には宮島桟橋に到着しました。

 厳しい前日の行程を思えば、3時間なんて楽勝です。

 高1部員にとっては、身近な島での小さな冒険でした。

 しかし、大きな達成感を与えてくれた冒険でした。

 みんな、高2になってもがんばって下さい。

 

2013年3月2日高校卒業式 登山部お別れ会2013年03月02日

 卒業式終了後、登山部でも高3(52期)とのお別れ会を行いました。

 先輩たちに贈るための記念品も用意しています。

 メッセージを書いた色紙、そして中1から高3までの写真を集めたDVD、

 さらに登山部オリジナル手ぬぐい。

 なかなか豪華でしょう!

 部室前、みんなで先輩たちがやって来るのを待ち受けます。

 感謝の言葉、励ましの言葉をお互いに贈りあいます。

 「生意気なのに、それを包み込んでくださって、本当にありがとうございます。」

 「実は尊敬していました。」

 「○○のときには助けてもらいました。今さらですがありがとうございます。」

 後輩たちからの言葉です。

 

記念品贈呈

 先輩からも熱いメッセージが贈られます。

 「しんどいときもあるけれど、クラブは最後まで続けて欲しい。」

 「受験勉強しながら何度も山に登りたいと思った。自分は山が好きだったんだと実感する。

  今しっかりと自分を追い込んで鍛えておけ。後悔するな。」

 「俺たちなんて尊敬しなくていい。もっと上を目指さないといけない。」

 最後は、みんなで記念撮影。

 お互いに制服を着て出会えるのはこれで最後…、そう思うとさびしくもありますが、

 最後は笑顔でパチリ!心あたたまる会でした。

 52期生諸君、本当に卒業おめでとう。たまには遊びに来て下さい。

2013年2月27日 高3最後のクラブ活動2013年02月27日

 国公立大学の前期試験が終わった高3(52期)諸君がクラブ活動に参加しました。

 学院を離れる前に、最後にみんなで裏山に登ります。

 受験勉強の疲れも見せずに、元気一杯に後輩たちの世話をしてくれました。

 「せっかくだから、裏山山頂(見越山315m)で写真を撮ろう!」

 「6年間、夏も冬も汗を流した場所なのだから。」

 そう言っていると…

 何を勘違いしているのか、そばにいた中1も山頂で並んでいます…

 「しょうがない、中一もな」ということで最上級生と最下級生が写真をとることになりました。

 

 高3諸君、この山で重いザックを背負いながら、汗を流しながら、歩いたことを忘れないで下さい。

 少々のことならがまんできるはずです。そしてこれからも、一歩ずつ歩き続けて下さい。

 そして中1諸君よ、君たちはしっかりとここで歩くように!!今からどんどん重荷を増やしてあげますよ。

2013年2月9日10日 高校登山部 比婆山雪上トレッキング2013年02月11日

 高1(54期)部員7名とともに比婆山へ雪上トレッキングに行きました。

 下の写真は毛無山の下りです。樹氷のトンネルはキラキラと輝き、とても幻想的。

 一日目は毛無山を歩いて足を馴らし、県民の森でキャンプ。そして二日目は、立烏帽子山・池ノ段を歩きました。

 さて、とても印象的だった出来事を二つ紹介します。

 ひとつは「シリセード」。それは何かというと…

 まず、雪の斜面を登ります。とてもしんどいのですが、この後に楽しみが待っています。それを励みにガンバ!

 山頂到着!立烏帽子山(1299m)の頂上です。

 今回の「山」ポーズは気合いが入ってますね。ストック立てて、「High 山ポーズ!」と叫んでました… 

 あいかわらず無邪気な高1部員です。

 さあ、これからがお楽しみ。 

 どうするかというと…

 そう、雪の斜面をおしりですべるんです。ひたすらすべる、すべる。なかなかの高度感ですね。

 樹間をカーブしながら、滑走!どんどんスピードはあがります。

 「マジ、やばい!」「おもろい!おもろい!」みんなの歓声が響き渡ります。

 一度滑り終わった後に、再度チャレンジする者もいます。みんな大興奮。

 ちなみに…これが、なぜ「シリセード」と呼ばれているのか。実は、よくわかりません。(何となく想像できるのですが…)

 印象的な出来事、もう一つは、休憩時間に楽しんだ「雪アイス」。

 単に、コンデンスミルクを雪にかけてほおばるだけですが、これがとてもおいしいらしい。

 「ふわふわシャーベットじゃ!」「うまい、うまい」 みんな喜んで食べてました。

 食べ過ぎはおなかをこわすし、何より体温を奪うのでいけないのですが、まあ少しならいいでしょう。

 わざわざ用意したみたいですし。(本校登山部員は、なぜかこういうところには「恐ろしいほどの」情熱を注ぎます。)

 晴れたり、曇ったりの天気でしたが、雪は締まっており、安全で快適なトレッキングでした。

 もちろん雪上設営もばっちり。準備で作った「竹ペグ」 も大活躍。

 「雪の上を歩き、雪の上にテントを張って寝る。」 

 これは登山部ならではの体験です。

 大事にして、後輩に伝えていってほしいと思います。

2013年2月6日 高校登山部 竹ペグづくり -雪上トレッキング準備-2013年02月07日

 今週末(2月9日10日)に、高1は比婆山で雪上トレッキングを行います。冬山は特に入念な準備が必要。行動計画・装備計画・食糧計画を立てたので、今日は実際に装備をそろえていきます。

 まず、「竹ペグ」づくりから行いました。

 「竹ペグ」とは、雪上設営用のペグ(くい)です。雪の上では土のようにペグを打ち込むことができないので、「竹ペグ」を雪の中に埋めてテントを張ることになります。剣道部から廃棄竹刀をもらい、分解して、のこぎりで切ります。

 短く切った竹を十字に組み合わせて、ひもでくくります。これが「竹ペグ」です。ひもがしっかり結べているか、きちんと点検します。一つのテントにこれが12個必要。予備も含めると、けっこうな数になります。みんなで協力して作ります。

 冬山初体験の高1諸君は、こんな作業も楽しくてしょうがありません。「竹ペグ、まじおもろい!」の声が聞こえます。

 顧問にとっては「…?」なのですが…

 次は、テントの準備です。「穴・やぶれ」「ファスナーの破損」「ポールの破損」「ひもの破損」etc、直接、見て触ってチェックします。

 その他、コッフェル、ツェルト、救急セットなどなど、点検し準備するものはたくさんあります。

 いつも行っていることですが、今回は特に念入りに行います。雪の中で右往左往するのはいやですからね。

 最後に、「かんじき」を点検して、装着練習をします。「かんじき」とは雪の上を歩くための道具です。初めて見る子たちは、キャッキャッとさわいでいます。これも慣れないとすぐに外れるんですよね。今日はとりあえず、履き方だけ覚えました。実際に雪の上でやってみないとわからないこともあります。現地でみっちりと勉強しましょう。

 さてさて、どんな遠征になるのでしょうか?

 「雪の上でテントを張って寝た」という体験は、男の子に一つの大きな自信を与えてくれます。また天気がよければ、すばらしい景色が待っています。

 よい遠征になりますように! またご報告します。

S