広島学院中学校・高等学校

  • 受験生の皆様へ
  • 保護者の皆様へ
  • 卒業生の皆様へ

登山部の活動報告です。

トップ > 学校案内 > クラブ等活動報告 > 活動報告 登山部

2013年2月9日10日 高校登山部 比婆山雪上トレッキング2013年02月11日

 高1(54期)部員7名とともに比婆山へ雪上トレッキングに行きました。

 下の写真は毛無山の下りです。樹氷のトンネルはキラキラと輝き、とても幻想的。

 一日目は毛無山を歩いて足を馴らし、県民の森でキャンプ。そして二日目は、立烏帽子山・池ノ段を歩きました。

 さて、とても印象的だった出来事を二つ紹介します。

 ひとつは「シリセード」。それは何かというと…

 まず、雪の斜面を登ります。とてもしんどいのですが、この後に楽しみが待っています。それを励みにガンバ!

 山頂到着!立烏帽子山(1299m)の頂上です。

 今回の「山」ポーズは気合いが入ってますね。ストック立てて、「High 山ポーズ!」と叫んでました… 

 あいかわらず無邪気な高1部員です。

 さあ、これからがお楽しみ。 

 どうするかというと…

 そう、雪の斜面をおしりですべるんです。ひたすらすべる、すべる。なかなかの高度感ですね。

 樹間をカーブしながら、滑走!どんどんスピードはあがります。

 「マジ、やばい!」「おもろい!おもろい!」みんなの歓声が響き渡ります。

 一度滑り終わった後に、再度チャレンジする者もいます。みんな大興奮。

 ちなみに…これが、なぜ「シリセード」と呼ばれているのか。実は、よくわかりません。(何となく想像できるのですが…)

 印象的な出来事、もう一つは、休憩時間に楽しんだ「雪アイス」。

 単に、コンデンスミルクを雪にかけてほおばるだけですが、これがとてもおいしいらしい。

 「ふわふわシャーベットじゃ!」「うまい、うまい」 みんな喜んで食べてました。

 食べ過ぎはおなかをこわすし、何より体温を奪うのでいけないのですが、まあ少しならいいでしょう。

 わざわざ用意したみたいですし。(本校登山部員は、なぜかこういうところには「恐ろしいほどの」情熱を注ぎます。)

 晴れたり、曇ったりの天気でしたが、雪は締まっており、安全で快適なトレッキングでした。

 もちろん雪上設営もばっちり。準備で作った「竹ペグ」 も大活躍。

 「雪の上を歩き、雪の上にテントを張って寝る。」 

 これは登山部ならではの体験です。

 大事にして、後輩に伝えていってほしいと思います。

2013年2月6日 高校登山部 竹ペグづくり -雪上トレッキング準備-2013年02月07日

 今週末(2月9日10日)に、高1は比婆山で雪上トレッキングを行います。冬山は特に入念な準備が必要。行動計画・装備計画・食糧計画を立てたので、今日は実際に装備をそろえていきます。

 まず、「竹ペグ」づくりから行いました。

 「竹ペグ」とは、雪上設営用のペグ(くい)です。雪の上では土のようにペグを打ち込むことができないので、「竹ペグ」を雪の中に埋めてテントを張ることになります。剣道部から廃棄竹刀をもらい、分解して、のこぎりで切ります。

 短く切った竹を十字に組み合わせて、ひもでくくります。これが「竹ペグ」です。ひもがしっかり結べているか、きちんと点検します。一つのテントにこれが12個必要。予備も含めると、けっこうな数になります。みんなで協力して作ります。

 冬山初体験の高1諸君は、こんな作業も楽しくてしょうがありません。「竹ペグ、まじおもろい!」の声が聞こえます。

 顧問にとっては「…?」なのですが…

 次は、テントの準備です。「穴・やぶれ」「ファスナーの破損」「ポールの破損」「ひもの破損」etc、直接、見て触ってチェックします。

 その他、コッフェル、ツェルト、救急セットなどなど、点検し準備するものはたくさんあります。

 いつも行っていることですが、今回は特に念入りに行います。雪の中で右往左往するのはいやですからね。

 最後に、「かんじき」を点検して、装着練習をします。「かんじき」とは雪の上を歩くための道具です。初めて見る子たちは、キャッキャッとさわいでいます。これも慣れないとすぐに外れるんですよね。今日はとりあえず、履き方だけ覚えました。実際に雪の上でやってみないとわからないこともあります。現地でみっちりと勉強しましょう。

 さてさて、どんな遠征になるのでしょうか?

 「雪の上でテントを張って寝た」という体験は、男の子に一つの大きな自信を与えてくれます。また天気がよければ、すばらしい景色が待っています。

 よい遠征になりますように! またご報告します。

2013年1月9日 今年もよろしくお願い申し上げます2013年01月09日

 2013年を迎え、部員一同みな元気です。みなさま今年もよろしくお願い申し上げます。

 さて、年は変わりましたが、クラブの練習はいつもと変わりません。今日も、ザックを背負って本校裏山の「見越山」(315m)に登ります。夏とは違い、秋冬の練習はとても気持ちがよく、汗もあまりかきませんし、空気も澄んでいます。

 山頂からは、広島の夕暮れを眺めることができます。

 夕焼けに照らされながら歩く山道はとても静かで穏やかなものです。うるさいのは、我が登山部員だけ…「あけおめポーズ」とカメラに向かって叫びます。ヤレヤレ。

 広島学院~見越山~柚木城山~己斐峠の往復が私たちのいつもの練習です。歩荷(ボッカ)と言って、重い荷物を背負って歩く練習ですが、中学生でも18kgくらいのザックを背負う子もいます。

 さてさて、気持ちがよくてものんびりはできません。冬は日が短いので、帰りは急ぎ足になります。一応、ヘッドランプは備えていますが、暗くなる前に下山するに越したことはありません。気温も一気に下がってきました。「寒い!寒い!腹減った!」部員たちの声がこだまします。

 実は暗くなると、今度は美しい夜景を眺めることができます。下の写真は、部員たちが急いで下りた後、顧問がゆっくりと下りながら写したものです。少しずつ明かりが灯っていく様子は、平和で美しいものです。

 今年も良い年になりますように…、山の上で祈りました。

2012年12月26日 中学登山部 高尾山・呉娑々宇山登山2012年12月27日

 クリスマス寒波も和らぎ、快適な登山となりました。今年最後の山登りです。

 本来ならば、高尾山の岩場でクライミング練習を行う予定でしたが、十分な人数の引率教員を確保できず(安全面を考慮して)、通常登山とあいなりました。もちろん、クライミングを楽しみにしていた部員一同からは、ブーイングの嵐。

「すまんのう…」 顧問は謝るばかり。 

 岸壁を通過する度に、部員たちは岩場に熱い視線を送ります。

「ほんまに、すまんのう… わしも準備しとったんじゃけど。」 顧問は心の中でつぶやくばかり。

 しかし、冬場のあたたかな日差しは人の心を溶かします。さらに、すばらしい景色がみなの気分を盛り上げます。

 高尾山から広島市を一望。あわただしい師走ですが、山から眺める市街地は穏やかそのものです。瀬戸内海も美しく光って見えます。

 中1のA君、O君はおきまりのポーズを決めてくれました。それにつられてポーズを決めるT君の姿も… なんとなく恥ずかしそうですね。

 お昼ごはんはバクチ岩の上で。

火器(登山用ガスコンロ)を用意してラーメンをつくる中2部員がいます。それをうらやましそうに眺める中1部員たち… おそらく家に帰って次のような会話がおこなわれるのでしょう。

  母 「お年玉で何を買うの?」

  中1部員 「火器!火器!絶対、火器!」

  母 「牡蠣?柿?何それ?」

 そう、こうやって登山道具は増えていく(増やしていく)のです。

(ちなみに言い訳ですが、登山道具は災害の時は役に立つので、一応実用的です…)

 

 何はともあれ、2012年は大きな事故もなく、無事に活動を終えることができました。(ねんざなど多少の怪我はありましたが。)

 お世話になった皆様、本当にありがとうございました。 来年も気持ちを新たにしてがんばっていきたいと思います。

2012年12月18日 中学登山部 石垣クライミング2012年12月20日

 今日はクライミング練習。上グラウンドの石垣を登ります。実は中学1年生は、クライミング初体験。ハーネスの付け方などの安全指導をしてからの挑戦です。6m程度の高さの石垣を、小さなとっかかりを見つけながら、ゆっくりと登ります。

 さて、みんなが高いところを得意とするわけではありません。苦手な子は、ちょっとした高さでもこわいもの。おしりがひけてしまいます。「どこに手をかけたらいい~ん?わからんよ~?」哀しげな叫び声がグラウンドに響きわたります。下からみんな見上げながら、あそこがある、ここがあると指示を出します。 

 なかには1mくらいの高さで動かなくなる部員も… それでもやめることはできません。みんなの励ましで登り切ります。

 12月とは思えないあたたかな日差しの中、空いた時間は芝生の上で寝ころんだり、駆け回ったり。本当にのんびりとしたクラブ活動です。明日は期末試験の答案返却が始まります。部員たちはそんなことは忘れて楽しんでいます。

 月末には、水分峡の高尾山で自然の岩壁に登る予定です。今回の経験を生かすことができるか、また御報告します。

追伸 下の写真は、ぼろぼろになったクライミングシューズです。よくがんばってくれました。

S