広島学院中学校・高等学校

  • 受験生の皆様へ
  • 保護者の皆様へ
  • 卒業生の皆様へ

活動報告 剣道部

トップ > 学校案内 > クラブ等活動報告 > 活動報告 剣道部

第64回中国大会広島県予選結果報告 (個人戦1名中国大会出場決定)2018年05月15日

5月12日と13日に中国大会の広島県予選が行われました。

結果を報告します。

 

<個人戦>

高3N君 4回戦(ベスト32)に進出し、中国大会出場決定

高3K君 3回戦で皆実高校の生徒と対戦し、敗退

高3H君 2回戦で三次高校の生徒と対戦し、敗退

 

<団体戦>

1回戦 広島学院4(8)-0(0)福山葦陽

2回戦 広島学院2(2)-3(4)総合技術

 

以上の結果より、N君は個人戦で中国大会が決まりました。

しかし、他の2名の生徒も実力はありながら勝ち上がることができず、

団体戦でも上位進出を目標にしていましたがそれも叶いませんでした。

広島学院としては非常に悔いの残る試合となってしまいましたが、

次の県総体ではベスト8以上を目指して1ヶ月間稽古をしていきます。

広島地区剣道大会 団体の部 第5位(ベスト8)入賞2018年04月16日

4月15日(日)に安佐南区スポーツセンターで広島地区の剣道大会(団体)が行われました。

本大会は、5月の中国大会広島県予選と6月の県総体に向けて各校チームの仕上がりを試す大切な機会となっています。

 

広島学院剣道部もこの大会にあわせて、試合用の竹刀袋を準備しました。

 

本校の書道科のN先生に、部訓の「積水成淵」を揮毫していただきました。

(竹刀袋を持っているのは剣道部副部長のO君です。)

 

試合結果は以下の通り。

(団体戦は5人戦の三本勝負。二本先取制です。

 【広島学院5(10)ー0(0)○○高校】 

  ↑の場合、5人全員が勝利し、かつ全員二本勝ちを意味します。)

 

一回戦 広島学院4(8)-1(1)五日市

二回戦 広島学院3(7)-1(2)新庄

三回戦 広島学院0(1)-3(5)市立沼田

 

 

 

以上の結果より、広島地区で第5位(ベスト8)となりました。

前の大会ではベスト8入りを逃してしまいましたが、

今回は何とかそのリベンジが果たせました。

 

 

また、トーナメント表にもあるように、今大会よりシード校にも指定していただきました。

シード校に恥じない剣道ができたことに、まずは安堵しています。

市立沼田には完敗しましたが、五分で勝負できた試合もあり、

自信を持って県大会に臨むことができそうです。

 

次の大会まで1ヶ月ありませんが、一日一日の稽古を大切にして、

「積水成淵」の気持ちで取り組んでいきます。

高3(57期)卒業稽古2018年03月23日

3/19に高3(57期)の卒業稽古が行われました。

 

全体でアップを40分した後に、高3 v.s. 高1&高2の試合を行いました。

(57期は3人と人数が少なめだったので、中学生は観戦です。)

高3にとってはほぼ1年ぶりの剣道となりましたが、試合毎に勘を取り戻していきます。

結果は以下の通りでした。

<団体戦3人制>

△ 高3 1(1)-1(1)学院D △

× 高3 0(0)-2(2)学院C ○

× 高3 0(0)-1(2)学院B ○

× 高3 1(2)-1(3)学院A ○

 

どの試合も高3に簡単に勝ちは譲りませんでしたが、最後のAチームとの試合では

高3の元部長が現役の部長から一本勝ちを収めるという劇的な結果で幕を閉じました。

(本人曰く、現役時代は一回も勝てなかったそうです。無欲の勝利ですね。)

 

その後全体で地稽古を2分×10本行い、かかり稽古をして終了。

良い汗をかきました。

 

稽古の後は高3から一言ずつ。

 

そして、お世話になった先輩たちに、後輩から色紙の贈呈。

そして集合写真。

からのお約束。

そして最後に、一人ずつ胴上げ。

空高く舞います。

57期の先輩からは、業務用の扇風機を1台頂きました。

これで暑い夏の稽古も乗り切っていきます。

 

57期の剣道部は他の期と比べてまとまりにくい時期がありましたが、

最後までこうして務め上げた3人のおかげで、何とか学年のたすきをつなげることができました。

後輩から色々な意味で愛された先輩たちだったと思います。

 

これから最高学府で学ぶ生徒、医師になる志を持って頑張る生徒と道は分かれていきますが、

君たちの原点の一つがこの広島学院剣道部であれば、顧問としてこれ以上の喜びはありません。

またいつでも後輩たちの様子を見に来て、近況を報告してください。

 

6年間お疲れ様でした。

卒業おめでとう。

 

3位入賞 第31回京大剣道部主催招待試合2018年02月14日

2017年02月06日

2/11に京都大学体育会剣道部が主催する招待試合に参加しました。

近畿を中心に多くの学校が集まる大会ですが、今回で31回目を迎えます。

学院剣道部のOBが京大剣道部に在籍している縁で、毎年招待してもらっています。

今年は男子31校の参加があり、広島県からは広島学院のみの参加となりました。

 

試合は4校リーグが行われ、上位2校が決勝トーナメントに進めます。

広島学院は以下のような結果となりました。

<予選リーグ>

広島学院5(9)-0(1)洛南

広島学院1(2)-3(4)清風南海

広島学院3(7)-1(2)帝塚山

 

以上の結果より、2位で予選リーグ通過。

決勝トーナメントに進みました。

 

<決勝トーナメント>

1回戦 広島学院3(7)-1(3)淳心学院

2回戦 広島学院2(3)-1(2)旭丘

準決勝 広島学院2(5)-3(8)今治西

 

今治西高校がそのまま優勝し、広島学院は3位となりました。

昨年はベスト8で負けてしまって悔しい思いをしましたが、

今年は何とか表彰台に立つことができました。

 

この勢いで4月からの地区大会や県大会でも表彰台に立てるように

稽古を続けていきます。

2017年度広島地区1年生剣道大会2018年01月25日

1/21に広島地区の1年生剣道大会がありました。

この大会は高校1年生だけで団体戦を組み、審判は全て高校2年生が行うというユニークな大会です。

団体戦は男子はⅠ部(5人制)とⅡ部(3人制)があり、広島学院の1年生は4人だったのですが、

生徒たちの希望によりⅠ部に出場しました。

 

1回戦は近大東広島との対戦となりました。

先鋒はメンを先取されるも何とかドウを取り返して引き分け。

次鋒は不戦敗なので、相手に二本謙譲。

そして続く中堅でコテ、メンをとられてしまいました。

その結果、副将が一本勝ちでも団体戦として相手の勝利が決まるという

非常に苦しい展開となってしまいました。

副将は惜しい打ちもありましたが、攻めきることができずに引き分け。

大将も引き分けとなり、結果0(1)―2(4)で負けてしまいました。

やはり5人揃ってない状態で五分に勝負することは難しく、

流れが非常に悪かったです。

 

さて、表彰式の後には高校生、教員を交えた稽古会が行われました。

私も防具を持参して初めて参加させてもらいましたが、

強豪校の生徒たちと剣を交える中で色々と発見があり、

とてもよい勉強になりました。

特に今年度のインターハイにも出場した沼田高校の3年生や

11月の県新人団体戦で2位になった皆実高校の生徒との稽古は刺激的でした。

 

今回の試合で得たこと、そして稽古会で気がついたことをこれからの指導に入れて、

2月の京都大学遠征で一つでも多く勝ちたいと思います。

 

S