広島学院中学校・高等学校

  • 受験生の皆様へ
  • 保護者の皆様へ
  • 卒業生の皆様へ

活動報告 卓球部

トップ > 学校案内 > クラブ等活動報告 > 活動報告 卓球部

『☆祝☆インターハイ出場決定2回目』2017年05月10日

久しぶりの更新です。

先日の高校生の県大会で本校高2生のK君が接戦を勝ち抜き見事、県4位となり

広島県代表の1人として昨年に引き続きインターハイへの出場を勝ち取りました。

『2度目のインターハイへの出場おめでとう!』

(県大会の前の広島地区大会では優勝しました。)

(同時に中国大会への出場も勝ち取りました。)

 

 

 ↑広島地区の委員長の先生から直々に賞状の授与と、広島県の卓球を担うホープとして、インターハイ出場選手として激励の言葉をいただきました。

 (広島県代表として自分のためにも皆のためにも持てる力の全部を出し切ってください。応援しています。)

 

K君の頑張りに励まされ、他の選手も最近頑張っています。

県総体では、無事に地区大会を勝ち抜いて(B級ですが)、6月の県大会への出場を決めました。

また、個人戦でも地区大会で2回戦までは何とか進む選手が多くなり、

高2のD君が県大会への出場を決め、ダブルスではK君・D君ペアが県大会でベスト16位

となりました。(あと1勝で中国大会出場でした。おしい!)

 

  

↑ダブルスの勝利とこれからの大会への意気込みを体で表現してもらいました。

 

↑高校生になってみんなの動きや構えも変わってきて、互いの信頼感も高くなってきており連携できるようになってきました。

↑県大会出場決定のガッツポーズでした。

 

K君のインターハイ出場ということですが、写真を整理していると

昨年の冬にK君が出場した東京オープン(全国大会)の写真が出てきましたので載せておきます。

引率をしたのですが、中国大会のときと同様に県内で圧倒的に強い選手よりも圧倒的に強い選手がいることを改めて感じました。

また、その中で本校のK君が粘り強く戦っていることにも感じるものがありました。

 

↑国際大会もできる東京体育館という場所で大会があり、たまたまですが、中央の良いコートで試合がありました。

 どの台にも公式の主審と副審がついており、電光掲示板で選手の呼び出しがありました。

 雰囲気に飲まれてしまいそうな大きな試合でしたが、本当に粘り強く戦っていました。

 

昨年の中国大会やインターハイや東京オープン出場で強い選手がいることを知っていながらも、

2回目のインターハイへの出場を決めたことは大きいと思います。

最後に何かきっと残ると思いますので、自分のためにも皆のためにも、辛いことも多いと思いますが

頑張っていってください。応援しています。 

New卓球マシーンが来ました。2017年02月01日

↓今日も平和な卓球部の練習風景ですが、何人かは中体育館(旧講堂)の右隅の方が気になる様子です。

 

 

↓それもそのはず。今回、保護者の方のご好意で、新しい卓球のマシーンを寄贈していただきました。

上手く返球できれば、球の補給も自動で行い、コースを振り分けて自動で球出しをしてくれ、

球のピッチも変化させることができ、動作音も穏やかだとみんな感激していました。

 

 

↓なんだか凄いな~、ちょっと使ってみたいな~といった様子

 

↓歴代のマシーン(?)も健在です。こちらは、20年前にはもう存在していた

DIY(?)補球ネットです。校務の先生方の手作りなのか、近くで見るとベニヤ板や溶接した金属柱で

できているのがわかります。ただ、設計は抜群で、ボール回収能力は高いです。

 

 

↓こちらも、20年前にはもう存在していた初代球出しマシーンです。

 夏休みや冬休みの練習などで時々登場してきました。 

 

 卓球台や球出しマシーンなど30年以上使ってきたものも多くあり、

これまでの先輩方の思いや保護者の方々の思いが詰まったものも多いです。

今回寄贈していただいた卓球マシーンにも、保護者の方の『皆に卓球をもっと上手になってもらいたい

ますます良い卓球部になってもらいたい』という応援の気持ちがこもっていますので、

皆で大切に使わせていただきたいと思います。

 

引き続き、卓球部のモットーである『怪我なく・楽しく・礼儀正しく』と

挨拶や道具を大切にするといった基本を大切にしつつ

これからも良い卓球部を皆で作っていければよいですね。

 

この度は、皆の励みになるようなものを寄贈していただきありがとうございました。

これからも卓球部全員で良い卓球部にできるよう励んで行きますので 

引き続き、応援をよろしくお願いいたします。

朝礼にて2017年01月19日

今日の中高別朝礼では、先日の北田君の県大会5位の表彰がありました。また、北田君は全国大会出場を決めており、他の表彰や連絡等と都合がついたので今週の朝礼係の先生と相談して少しだけ北田君に話をしてもらう機会を作ってもらいました。

 

↑今回の県5位の結果は少し悔しく、卓球の強豪校に所属している選手と比べると練習時間自体が

10倍くらい違っていて難しい面もあるけれど、自分は限られた時間の中で練習の密度を上げるとともに、

空き時間でのイメージトレーニングをするなど工夫することで全国大会出場権を得ることができたので、

これまでの自分を信じていっそう努力し全国大会で結果を残したい。

といった内容の話をしてくれました。

 

 

↑努力して結果を出す姿が、卓球部や他の高校生みんなの励みになったと思います。

皆応援していますので、全国大会に向けてしっかり準備し、

本番は是非楽しんで、加えて良い結果も出せたら素敵ですね。

選手以外には分からない辛さ等もあると思いますが、色々跳ね除けて自分なりのベストの結果が

出せることを願っています。

 

全国大会での話を、また朝礼で聞かせて下さい。

近況報告2017年01月16日

昨日・一昨日の大雪の中、呉市総合体育館で(1月14日と15日の2日間)全国高等学校選抜卓球大会県大会がありました。高1の4名が参加し、北田君がシングルス県総合5位になりました。

 

県5位

↑他校の選手も、どんどん体格が大きくなり、筋力や体力が増していました。

他の強豪校のいかにも強そうな雰囲気によるプレッシャーに負けず、

彼の磨いてきたものを自分で考え判断して、よく出せていたと思います。

 

今回の大会では全国大会出場経験者は中国大会へは出場できないということで、今回の大会はここまでですが、

彼は、2月、3月にある、大阪国際招待と東京オープンの全国大会への出場権を勝ち取っていますので、

今後の全国大会での活躍にも期待しています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一方、中学卓球部も、冬休みに区大会に参加してきました。Aチームは上位リーグ3位、Bチームは下位リーグ2位となりました。

キャプテン・副キャプテンを中心によくまとまっていたかなと思います。

Aチームは市大会でも力を十分に発揮できるように、日頃の練習に取り組んでください。

期待しています。

 

試合

 

 

 

卓球部がTVインタビューを受けました。2016年08月26日

8/26(木)にテレビ新広島の『山内さんが行く!熱血ブカツ応援団』という番組の取材でテレビ局の方々が来られました。高校生の練習のときに撮影に来られたのですが、普段見慣れないテレビカメラや元プロ野球選手で野球解説者の山内さんに、みんな興味津々でした。

 

↑キャプテンがキャプテンTシャツを着てインタビューを受けているところです。

きちんと受け答えをしており、立派でした。

 

↑先日のインターハイに出場してきた北田君が山内さんと

合わせ打ちなどを行いました。

 

↑中学生が、山内さんのサインをもらいました。

 

 

今回、オリンピックで卓球が盛り上がったのと、広島学院からの北田君のインターハイ出場があったので、インタビューの話が来ましたが、テレビ局の方々がどんな仕事をされるのかということを間近に見ることができて非常に良い経験になりました。また、山内さんがとても爽やかで、プロのスポーツ選手を経験した方は違うなと感動しました。また、キャプテンを中心に高校生が積極的に動いてくれて本当に助かりました。インタビューを受けた生徒みんな、しっかりと受け答えをしていて立派でした。

最後に、放送は29日(月)の17:00~17:30の間にある『山内さんが行く!熱血ブカツ応援団』というコーナーで紹介されるそうです。

興味のある方はどうぞご覧になってください。

 

 

 

 

 

 

S