学校法人広島学院

  • 保護者の皆様へ
  • 受験生の皆様へ
  • 卒業生の皆様へ

活動報告 卓球部

トップ > 学校案内 > クラブ等活動報告 > 活動報告 卓球部 > 『☆祝☆インターハイ出場決定2回目』

『☆祝☆インターハイ出場決定2回目』 2017/05/10

久しぶりの更新です。

先日の高校生の県大会で本校高2生のK君が接戦を勝ち抜き見事、県4位となり

広島県代表の1人として昨年に引き続きインターハイへの出場を勝ち取りました。

『2度目のインターハイへの出場おめでとう!』

(県大会の前の広島地区大会では優勝しました。)

(同時に中国大会への出場も勝ち取りました。)

 

 

 ↑広島地区の委員長の先生から直々に賞状の授与と、広島県の卓球を担うホープとして、インターハイ出場選手として激励の言葉をいただきました。

 (広島県代表として自分のためにも皆のためにも持てる力の全部を出し切ってください。応援しています。)

 

K君の頑張りに励まされ、他の選手も最近頑張っています。

県総体では、無事に地区大会を勝ち抜いて(B級ですが)、6月の県大会への出場を決めました。

また、個人戦でも地区大会で2回戦までは何とか進む選手が多くなり、

高2のD君が県大会への出場を決め、ダブルスではK君・D君ペアが県大会でベスト16位

となりました。(あと1勝で中国大会出場でした。おしい!)

 

  

↑ダブルスの勝利とこれからの大会への意気込みを体で表現してもらいました。

 

↑高校生になってみんなの動きや構えも変わってきて、互いの信頼感も高くなってきており連携できるようになってきました。

↑県大会出場決定のガッツポーズでした。

 

K君のインターハイ出場ということですが、写真を整理していると

昨年の冬にK君が出場した東京オープン(全国大会)の写真が出てきましたので載せておきます。

引率をしたのですが、中国大会のときと同様に県内で圧倒的に強い選手よりも圧倒的に強い選手がいることを改めて感じました。

また、その中で本校のK君が粘り強く戦っていることにも感じるものがありました。

 

↑国際大会もできる東京体育館という場所で大会があり、たまたまですが、中央の良いコートで試合がありました。

 どの台にも公式の主審と副審がついており、電光掲示板で選手の呼び出しがありました。

 雰囲気に飲まれてしまいそうな大きな試合でしたが、本当に粘り強く戦っていました。

 

昨年の中国大会やインターハイや東京オープン出場で強い選手がいることを知っていながらも、

2回目のインターハイへの出場を決めたことは大きいと思います。

最後に何かきっと残ると思いますので、自分のためにも皆のためにも、辛いことも多いと思いますが

頑張っていってください。応援しています。 

S