広島学院中学校・高等学校

  • 受験生の皆様へ
  • 保護者の皆様へ
  • 卒業生の皆様へ

活動報告 バレーボール部

トップ > 学校案内 > クラブ等活動報告 > 活動報告 バレーボール部

2018年夏2018年09月06日

夏休みに行われた大会の試合結果です。

○中国私立高等学校バレーボール選手権大会(7月30日~8月1日)

 〈予選リーグ〉 広島学院0-2山陽  広島学院0-2関西 

 〈順位決定戦〉 広島学院2-1就実

○体力づくり新人バレーボール大会(9月1日)

 〈予選グループ選〉 広島学院0-2山陽  広島学院2-1千代田

 

 2年生も1年生も、自分の役割を理解し、自分でやるべきことを常に考え、練習した夏でした。7月の終わりに行われた中国私学大会後、練習試合を積み重ね、9月の体力づくり新人大会に臨みました。予選リーグ2位で決勝トーナメント進出には至りませんでしたが、秋の選手権大会に向けて各自が取り組むべき課題を見出すことができました。また、夏休み中には、多くのOBが練習に来てくれて、熱心に後輩を指導してくれました。いろいろな話もしてくれました。OBの先輩に教わったことを忘れず、お互いにしっかり声をかけあって、日々の練習に励みたいと思います。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 試合会場では、保護者のみなさんやOBが応援してくれました。

たくさんの声援ありがとうございました。

県総体への道2018年05月04日

年度が変わり、春の大会が始まりました。

4月8日(日)春の中国大会広島地区予選。初戦の基町には2-0でストレート勝ちをおさめました。次の広島工業戦は、あと一歩のところまで追い詰めましたが、勢いに乗れずストレート負けでした。翌週の順位決定戦で県大会出場を目指して戦いましたが、3戦ともすべてフルセットの末に勝ちを逃しました。


 

 

 

 

 

 

 

 

  

 4月28日(土)広島県総合体育大会広島地区予選。

3チームのリーグ戦を1位で勝ち上がれば県総体への出場が決定します。

 

 

 

結果は1勝1敗で3チームが並び、得失セット数の差で県大会出場は叶いませんでした。この日をもって高3(58期)の5名が引退となりました。

最後の安佐北戦では、3年生が奮起し、途中から出場した2年生が後押しする展開で、フルセットにもつれた試合を25対23で勝利。今までフルセットをものに出来なかった試合が続きましたが、最後はみんなの願いが一つになって勝利をもぎ取ることができました。  

 

 

最後まで大きな声援ありがとうございました

 

祝!卒業2018年03月04日

57期生の卒業式がありました。

式後、親しんだ体育館で卒業のお祝いをしました。

 

後輩と一緒に…

 

 

保護者と一緒に…

 

最後はみんなで円陣。

 

 

 

卒業おめでとう!  さらなる飛躍を祈念しています!!

 

有言実行2017年11月03日

10月28日に神辺旭高校で選手権大会が開催されました。別名『春の高校バレー』と呼ばれ、全国につながる大会です。山陽高校と対戦しフルセットの末敗れました。敗因はサーブカット。攻撃や守備のつなぎに手ごたえも感じました。生徒も何をやればチーム力がアップするかつかめたと思います。

1月までに課題を克服し、レベルアップしたチームで新人戦を迎えたいと思います。

体力づくり新人大会2017年09月06日

9月2日(土)は広島地区体力づくり新人大会でした。

新人戦なので、すべての学校が新チームで挑みます。予選リーグの初戦は広島工業と対戦。相手の強いサーブに乱され、思うような攻撃もできないまま1セット目を先取されました。2セット目は、序盤からレフト、ライトのアタックが決まり、中盤にはセンターのクイック攻撃も機能して、セットを奪い返しました。フルセットにもつれた試合は、お互い一進一退の攻防で20-20を迎えましたが、自分たちのミスから流れを失い、25-20で敗れました。もう1試合の千代田戦は、セットカウント2-0で勝ちました。結果、予選リーグ1勝1敗の2位。翌日の決勝トーナメント進出を逃しました。

夏休みの練習目標は、『今大会で決勝トーナメントに進出し、自分たちの力を試す』でした。「あと5点」で決勝トーナメント進出を逃し、悔しい思いを選手も監督も味わいました。2年生の堅実なプレーや1年生の攻撃力の向上も見られた、内容のある大会になりました。しかし、目の前の勝負に対する甘さもまだまだあります。課題を克服しながら、選手権大会に向けて再出発です。

S