広島学院中学校・高等学校

  • 受験生の皆様へ
  • 保護者の皆様へ
  • 卒業生の皆様へ

活動報告 水泳部

トップ > 学校案内 > クラブ等活動報告 > 活動報告 水泳部

第7回中国新人戦2019年11月15日

10月19日、20日に、山口県立西京高等学校において、中国新人戦が行われました。

今大会では出場チームが6チームだったため(舟入・なぎさ高校の合同チームはオープン参加)、3チーム同士でリーグ戦を行い、各リーグの順位によって最終的な順位決定戦が行われました。

日程的には、1日目にリーグ戦、2日目に順位決定戦(一部リーグ戦あり)でした。

 

学院は、鳥取育英高校と西京高校の2校とのリーグになりました。

県外の学校との試合は、よい機会になりました。

 

リーグ戦

鳥取育英18ー8学院(1試合目)

西京31ー4学院(2試合目)

 

いずれの試合でも大敗でした。

特に西京高校は、全体的に泳げる上に、シュートをうてる選手が多かったので色々なところから攻撃してきました。

この結果より、5位リーグになりました。

 

5位リーグ

学院8-5県工

 

県工相手には勝つことができました。

ただ、県工はリーグ戦が終わってすぐの試合だったので、体力が回復していた場合はこの結果と同じだったか微妙です。

 

この大会で、今年度の試合は終わりになります。

試験明けとはいえ、その学校も似たような状況だったので、新チームでどれだけやってきたかが問われた試合でした。

今大会では、泳げるチームと声が出るチームが強かったです。

圧倒的な強さで優勝した西京高校は、どちらもできていました。

戦略や技術があっても、泳げなければそれを生かす場面はないです。

声を出すことは、チームメイトを気づかせたり、自分自身の考えを切り替えられたり、何よりチームを鼓舞することができます。

学院はそのあたりから不足していました。

 

次の試合は春の地区大会になるので、そこまでにどれだけ鍛えられるかが鍵になります。

現在、学院から選抜に選ばれている選手は少ないので、GAの練習だけでは泳力、実践力はなかなか身に付きません。

土日に行われている合同練や朝練・自主練にも参加し、足りない能力を鍛えてほしいものです。

そうすることで、次の試合にもつながるでしょう。

 

引き続き応援よろしくお願いします。

広島県高等学校水泳競技大会(水球)2019年10月04日

9月20日に、グリーンアリーナで新人戦が行われました。

台風の影響を考慮して、1日開催になりました。

また、舟入となぎさが合同チームでの出場になりました。

 

結果は以下の通りです。

県工7-6学院

なぎさ・舟入1-9学院

修道16-5学院

 

結果は3位でした。

秋季地区大会のときとは異なり、県工は主力メンバーが1人増えたのも影響してか、接戦の末に敗北しました。

なぎさ・舟入チームとは、主力を抑えることにより点数を防ぐことができました。

修道にはシュートをバンバン投げられ、点数を入れられてしまった印象です。

 

今大会の出場チームはすべて中国新人戦に出場できます。

秋季大会以上に修正すべき部分が出てしまったので、中間試験をはさんだ後の試合にはなりますが、少しでも修正していければと思います。

特に、今大会からキーパーが変わったので選手自身不慣れであった部分、主力メンバーを入れ替えたときの控えメンバーとの力の差、この部分は来年度の大会にも大きく影響するので修正していきたいです。

 

引き続き応援よろしくお願いします。

広島県高等学校新人水泳競技大会(競泳)2019年10月04日

9月28日から29日にかけて、広島県立みよし公園プールにて、競泳の大会が行われました。

地区大会で、標準記録を突破した者のみしか出場できない大会で、今大会で上位6位に入った場合は、中国新人戦に出場できる大会でもありました。

学院からは、高1のI君が出場しました。

大会の結果は以下の通りです。

 

50m自由形 26"36

100m自由形 57”64

 

いずれも予選突破ならず・・・、中国新人大会の出場はできませんでした。

今年度の公式戦は終了になりましたが、I君にとっても歯がゆい年になりました。

昨年よりも悪い、ベストタイムが出ない、本人の中でもかなりプレッシャーだったと想います。

ただ、自分の悪いところがどこか分析できている。

クラブチームでも悪いところを修正していっている。

直すことがあるということでは、まだまだ成長できる余地があるということです。

まずは過去の自分自身を乗り越えてベストタイムをたたき出すことが、中国大会などの上への大会につながるでしょう。

 

来年度に向けて、すでに動き始めています。

来年度こそは、いい結果が出るといいですね。

 

I君の応援も引き続きよろしくお願いします。

地区秋季大会(水球)2019年09月02日

8月24日、学院のプールにて水球の地区秋季大会が行われました。

60期を中心としたチームでの、公式戦の初陣となりました。

今大会は、なぎさが参加していなかったので、4校での戦いになりました。

 

結果

学院7-8修道

学院20-5舟入

県工6-14学院

 

修道には僅差でしたが敗北しました。

3ピリオド5失点したのが最後まで響きました。

 

舟入戦は、舟入の人数が少なかったので相手に合わせる形での同人数対決。

でしたが、途中で舟入に負傷の選手が出るなど、色々大変な試合でした。

 

県工には久しぶりに勝利。

ただ、試合後何人か悔し泣きをしていたところを見ると、次回以降の試合では油断できない相手な気がしました。

 

今大会では、学院は2位でした。

 

まだまだつめていかなければいけない部分があります。

次回の県新人、その次の中国新人でどのように戦っていくのか。

キャプテンを中心に、メンバーで考えていかねばなりません。

 

新チームとしてはじまりましたが、今後とも応援よろしくお願いします。

地区秋季大会(競泳)2019年09月02日

8月31日、9月1日の2日間、美鈴が丘高校にて競泳の地区秋季大会が行われました。

学院からは、高1のI君が出場しました。

 

1日目(晴)

太陽がまぶしい夏日より。

泳ぐにはよい天気でしたが、風は強かったです。

 

50m自由形

予選・・・26.65

決勝・・・26.65(7位)

 

2日目(雨)

1日目とは対極的にたたきつけるような大雨でした。

選手たちも寒い寒い言ってました。

 

100m自由形

予選・・・57.61

決勝・・・57.35(5位)

 

いずれの種目も決勝に残りましたが、ともに以前のタイムを越えれませんでした。

フォームの変更などで、現在速くなるために色々と模索中です。

 

次の大会は、9月末に三次で行われる県新人大会。

I君は、本大会前から標準記録を切っているので出場は出来ます。

その次にある、中国新人大会に関しては、この県新人で上位入賞しなければ出場できません。

次へとつながるよう、日々精進中です。

引き続き応援よろしくお願いします。

S