広島学院中学校・高等学校

  • 受験生の皆様へ
  • 保護者の皆様へ
  • 卒業生の皆様へ

教育方針

トップ > 学校案内 > 教育方針 | 理念

イエズス会教育の理念

「正義のための教育」「若者の教育は世界の変革である」  "Puerilis Institutio est Renovatio Mundi"(若者の教育は世界の変革である)
イエズス会が教育に対して常に抱いている理念がこの言葉のうちにあります。
"Cura Personalis"(ひとりひとりを大切にする)を基本姿勢としてもち、"Men for Others"(他者のために生きる人間)、 "Men with Others"(他者とともにある人間)の育成を通して、世界をよりよくしていくために貢献できることを喜びとする人間となるように導くことを本校は使命としています。

広島学院の目指す人間像

Men for others, with others.(他者のために、他者とともに生きる人間)

広島学院の教育の特徴

  • 一人一人を大切にする教育
  • 克己の精神を培う教育
  • 人を思いやる心を育てる教育
  • 価値判断力を身につける教育
  • 主体的行動力を身につける教育
  • より善いものを目指す心を培う教育

具体的な取組内容

自ら考え、自ら動く。中高一貫のゆとりある時間の中で、学びへの興味をふくらませ、何事にも積極的に取り組む姿勢を養います。

  • IP 学習 IP 学習とは、イグナチオ的教授法という意味です。イエズス会を創立したイグナチオの霊操を教育に応用したもので、「体験→内省→実践→評価」という学びのプロセスによって、物事を深く徹底的に追求します。 詳細を見る
  • 国際交流 毎年5月にはフィリピンの姉妹校アテネオ・デ・ナガ高校の生徒を受け入れています。また、希望者は夏休みに2週間、フィリピンで過ごします。 詳細を見る
  • 社会奉仕活動 実践的な教育活動として、社会奉仕を極めて重要なものと考えています。
    物質主義的な風潮の広がる現代社会にあって、奉仕的な生き方を学びとり、よりよい社会を築くために働く人間を育みます。
    詳細を見る
  • 宗教活動 聖書やイエズス会の精神、奉仕的な生き方を学ぶことで、豊かな宗教観・価値観・世界観の形成を目指します。 詳細を見る
S