広島学院中学校・高等学校

  • 受験生の皆様へ
  • 保護者の皆様へ
  • 卒業生の皆様へ

教育方針

トップ > 学校案内 > 教育方針|ILP

イエズス会教育の理念

 広島学院では、Ignatian Leadership Program(以下ILP)を実施しています。これは、イエズス会の創設者イグナチオ・デ・ロヨラの『霊操』の方法を教育に応用した、全世界のイエズス会学校で共有するIgnatian Pedagogy(イグナチオ的教授法:経験→内省→実践→評価のプロセスを通じ、物事を深く徹底的に知る方法)に基づいて、生徒が「他者のために、他者とともにMen for others, men with others」という言葉を体現することができるリーダーとして育つことを目指すプログラムです。

 本校では倫理(道徳)と総合学習を統合した形でこのILPを実施しています。中学では、家族・友人など自分の身近な「他者」からはじまり、障害者や元ハンセン病患者の人々、フィリピン・ネパールなどの途上国やアフリカ難民など、さまざまな立場の人々について体験的に学び、自己中心的な自分から次第に視野を広げていきます。
 高校では、キリスト教的世界観をもとに、自分に何ができるかを考え、より広い意味で「他者」を考える中で、将来の自分の生き方へとつなげていきます。高1は生き方・使命に対する洞察を深め、大学訪問や卒業生(大学生・社会人)の講演などを行いつつ、自分の進路を探ります。高2では、自分が興味・関心のある学問分野について少人数のゼミで研究することで知的な深みを体験し、最終的に論文作成を行います。高3では哲学を学び、生きる意味や目的について思索します。
 このように、6年間のILPを通じて「Men for others, with others」の価値観をもち、それを実践できる人間を育てることをめざしています。

各学年の学習テーマ

中1

  • 「広島学院のルーツ」「身近な人々とともに(家族・友人・地域)」

IP学習 幟町教会でのミサ参列 山口教会での研修

中2

  • 「さまざまな立場の人々とともに(障害者・難民・ハンセン病など)」

IP学習 アイマスク体験 盲導犬体験 車イス体験

中3

  • 「世界の人々とともに(異文化理解・平和学習)」

IP学習 大久野島研修 平和学習ポスターセッション 福山・ホロコースト記念館研修

高1

  • 「自分・生き方探し(自己・職業・学問研究)」

IP学習 卒業生の職業講演 広島大学訪問

高2

  • 「ゼミナール(興味・関心のある分野についての少人数ゼミ研究)」

高2IP 高2IP 高2IP

 

高3               

  • 「人生をどう生きるか(哲学)」

IP学習 上智大学教授による哲学講座 座禅

S