広島学院中学校・高等学校

  • 受験生の皆様へ
  • 保護者の皆様へ
  • 卒業生の皆様へ

学校便り

トップ > 学校便り記事一覧

到来!!2017年12月05日

 

いよいよ近づいてて参りました。期末試験です。先生が試験問題を作るので職員室カウンター内には入れません。

 

放課後の様子

 

中学生の教室

 

 

 

楽しみつつも(?)たくさんの生徒が残って自習していました。

 

 

高校の教室の様子

 

 

 

少人数ながらも,真剣に取り組んでいる様子でした。

 

 

 

 

 

 

 

いや,そうでもなかったかな。

 

『みるくゆがやゆら』鑑賞2017年12月04日

中2以上の学年は,演劇部の文化祭公演作品『みるくゆがやゆら』(「今の世の中は平和ですか?」という意味の沖縄言葉・校長特別賞受賞作品)を,LHRで鑑賞しました。

 poster

舞台は広島・沖縄。時空は現在と戦後の70年。

広島で被爆した沖縄出身の家族の実話を伊藤先生が取材を重ね,脚本を書き下ろしました。

 

戦後,広島では沖縄人として差別され,沖縄に戻った後も,今度は被爆者としての差別が…。

おじぃの口を通じて,無知だった若者が歴史と苦悩と平和をじわりと感じ取っていきます。

engeki1

 

engeki4

 

engeki3

 

engeki5

時間軸と空間軸を重ね合わせながらの見事な演技に,観客も固唾を呑みます。

engeki6

 

engeki7

公演後,会場は静かな余韻につつまれました。

「今の世は平和か?」という当事者としての問いを,それぞれの生徒が静かに振り返っていたのかもしれません。

 

演劇部員の皆さん,素敵な時間とメッセージをありがとう!

科学の甲子園ジュニア2日目3日目2017年12月03日

つくばで開催された科学の甲子園ジュニアが無事に終わりました。
3日間で、筆記2時間、実技1は製作90分競技は約90分、実技2は競技90分という中学生にとって過酷なものでした。
厳しい大会でしたが、上位11〜20位のチームが貰える優秀賞を頂きました。

1

大会の競技の様子は撮影禁止でしたので写真ではお伝えできませんが、どんな競技だったかというと、実技1は、限られた材料と空間で直径2センチのステンレス球をできるだけゆっくり落とす装置を作るというもので、実技2は、自分が未知の惑星にいると仮定して、周りに吊り下げられた他の惑星のモデルを望遠鏡などで観測して自分の位置を割り出すというものでした。下のの写真が各都道府県代表の作品の一部です。

1

その中でコンパクトながらもかなりすごい装置だったのが以下のもので、小さい中にかなりの工夫や細かい調整と計算が込められた素晴らしいものでした。

1

つらく厳しい競技だけでなく、持っていった特産品の交換会などもあります。

1

その他、ナノ戦隊スマポレンジャー(スマートポリマーを駆使して戦う?)の舞台や、写真には取れませんでしたが、介護用ロボットHALの実物などをみたり、東芝などの企業がワークショップをひらいてくれ、参加しました。

1
1

以上、今大会に参加した中2のみんなにとって、とても良い経験になったと思います。
今年は、高校生の大会、科学の甲子園も全国大会出場を勝ち取っていますので、中学生達の頑張りに負けないように頑張っていきたいです。

学院のクリスマス2017年12月02日

昨日の午後は広島学院創立記念式が開かれました。

 

式では、白浜司教をお呼びしてご講演いただきました。

 

カトリックにおける本来のクリスマスの意味を、聖書の話やご自身のエピソードを織り交ぜ、

分かりやすく解説していただきました。

 

 

校舎の中央階段には、高1カト研メンバーによって、クリスマスツリーが飾られています。

12月に入り、クリスマスをお祝いする雰囲気になりましたね。

 

 

科学の甲子園ジュニア1日目2017年12月01日

中2生6名が今日から2泊3日の間、つくば国際会議場で開催されている科学の甲子園ジュニアに参加しています。

1

朝から新幹線に乗ってようやく着きましたが、開会式のあとはすぐに筆記競技があります。
県大会三連覇中で、昨年は47都道府県中で総合順位が1桁台に入賞しましたが、今年はどこまでくらいつけるのか楽しみです。

1

チーム力が高く、準備もしてきたので、悔いのないように力を出しきりたいです。

Bonum Commune Hominis2017年12月01日

Hiroshima Gakuin differs from other schools in many ways. Some point to its Jesuit roots, its student body, or its academic record. One area that differs greatly from public schools is that the teachers continue to work at the school for their entire careers. I am personally in my 13th year (I hope that means good luck!) at Gakuin. This morning we celebrated the longevity and commitment of the staff by recognizing those among us who have reached milestones.

 

10 years at Gakuin!

 

20 years at Gakuin!!

 

50 YEARS AT GAKUIN!!!!!

 

We all hope to continue to see all the faces grace our school for many years to come. Thank you for your dedication.

密着24時2017年11月30日

 

皆が寝静まっているころ、学院はどうなっているのか。

 

守衛の方の夜は長い。

 

前々から気になっていた、生徒の皆が帰ってからの学院の夜の警備に密着。

 

詳しいルートは書けません。

 

18時密着開始で現在19時30分。あたりは真っ暗で、

 

 

 

 

 

 

 

 

何か出てきそうで怖い。

 

校内をくまなく見て回ります。特に何が気になるかというとお察しの通り、

 

 

こんなのや・・・

 

 

 

こんなの。皆が開け放った窓を夜な夜な閉めて下さるのは守衛さん。

 

気づけば窓を閉めましょう。そして鍵をかけましょう。

 

守衛さんと一緒に見回っていると、高1のある教室にこんな書き置き。

 

 

その通り。その通りです。皆の気遣いで守衛さんの負担も減ります。

 

ちなみに今日はかなり優秀な日だったそうです。ということは他の日は・・・

 

自分の知らない所で実は関わっている身近な人の事を想像してみましょう。

 

いろいろ回りましたが、全く通ったことのない道も。

 

 

こことか。

 

広いですね。扉も窓もいっぱいあるんですね。歩き回ってみて初めて意識しました。

 

 

 

 

下グラも暗いです。

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

右下に人影・・・気のせいですかね。

 

 

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

S