広島学院中学校・高等学校

  • 受験生の皆様へ
  • 保護者の皆様へ
  • 卒業生の皆様へ

学校便り

トップ > 学校便り記事一覧

イエズス会総長,ようこそ広島へ!2019年08月02日

第31代イエズス会総長・ソーサ神父(Fr.Arturo Sosa Abascal)が来広されました。

イエズス会総長とは,イエズス会創立者・聖イグナチオ=ロヨラの後継職であり,全世界のイエズス会全体の最高指導職です。

本日は,歓迎集会がエリザベト音楽大学にて行われました。

 

総長をお出迎え。三好校長とがっちり握手。

080201

 

会場は,満席。熱気に包まれます。

080202

 

保護者カト研の皆様も多数,参加して下さいました。

080203

酷暑の中,足を運んでいただけるだけでも有難い上に,熱心にメモを取られるご姿勢には,ただただ頭が下がります。

 

1時間にわたって,現在,イエズス会が大切にしていること,アルペ神父の功績などをお話いたただきました。通訳は,管区長・レンゾ=ルカ神父。

 080204

質疑応答。生徒たちから次々と質問があがりました。

080205

「イエズス会の考える正義とは」

「今日のお話を実際に学校生活で生かすためには」

「多様性を受容れるイエズス会。キリスト教以外の宗教とどのように向き合っているのか」

などなど。

 

次回,総長から直接お話を伺える機会は,四半世紀後くらいでしょうか。大変貴重な一日でした。

Go forth and set the world on fire!

080208

炊き出し活動(5/26)2019年05月27日

幟町公園で2ヶ月に1回の炊き出し活動が行われました。

19052601 19052602

 

食事を準備し,配膳し,片付ける…よりも大切なのは,「交わりを持つこと」。

19052603

私達の方が,おじさん・おばさん達から沢山のお恵みをいただいていることを実感します。

 

中2(63期)保護者有志の皆様,お昼過ぎからの調理,学院生のご指導,本当にありがとうございました!

真心のこもったカレーライスは,今回も大好評でした。

19052604

 

 

炊き出し@幟町公園(3/24)2019年03月25日

本年度最後の炊き出し活動を実施しました。

 2019032401

今回は,62期(中2)保護者カト研の保護者が中心となって調理。

昼過ぎの早い時間帯から,カレーライス,豚汁などを準備して下さいました。

実際は,調理のプロがそのまま作業した方が効率も味も良いかもしれないのですが…あえて,お母様方は,学院生が不器用なりにも心を込めて調理をする姿を後方から応援・ご指導してくださいます。細やかなご配慮,ありがとうございました。

2019032402

 

2019032403

 

配食。

今回は,40名強の方がいらっしゃいました。

 2019032404

ただ,食事をつくり,配食する,のではなく,今回は,おじさんたちと一緒に食卓を囲み,交わりを持つ生徒の姿が目立ちました。

 2019032405

春の柔らかく暖かな日差しを感じる一日でした。

私たちも同様に暖かな真心を届けることができたでしょうか。

炊きだし@幟町教会2019年01月21日

1/21(日), 2ヶ月に1度の炊きだし活動が行われました。

 012003

昼過ぎから,保護者カト研のメンバーの皆様が調理。

いつも,真心をこめた美味しいカレーライス,トン汁の用意をありがとうございます。

012001

保護者の呼びかけて集まった冬物の衣類の配布も行われました。

 

今回は,高2の美化委員長M君が陣頭指揮。

012002

全体を見渡しながら,適切な指示を下級生に出してくれました。頼もしいリーダー!

 012004

40名強の方がご来場。

短い時間ではありましたが,暖かい交わりの時を過ごすことができました。

与えようと思っている立場の人間が与えられる…この場で五感を使って得た感覚を今後も大切にしていって下さい。

中2カト研クリスマス合宿2018年12月18日

クリスマス劇の練習合宿を庚午カトリックセンターで実施しました。

 katokenc201

演目は『靴屋のマルティン』(原作:トルストイ)。

挑戦し甲斐のある名作。脚本は生徒3人が協力して書き上げてくれました。

 

katokenc202

大道具,小道具の製作もピッチを上げる!

 

katokenc204

監督もヒートアップ!!

 

katokenc205

!!!

 

無事,クリスマスに暖かいメッセージを届けることができるのか!?

是非,24日のカト研クリスマス会をお楽しみに!

炊き出し2018年09月23日

保護者カトリック研究会,生徒,教員有志による炊き出し活動が幟町教会,幟町公園で行われました。

 takidashi01

 

お昼過ぎ,森先生のお祈りから,活動が始まります。

 takidashi02

「お恵みに溢れた活動になりますように」

 

調理は保護者と高校生が力を合わせて。

 takidashi03

 

takidashi04

 

takidashi06

 保護者カト研の皆様は,月に1回聖書を開き,その実践の場として,この活動にご協力いただいています。

本日までは,高2(59期)保護者の皆様が中心になって動いて下さいました。

計画,人員確保,食材の調達,そして心のこもった調理。本当にいつもありがとうございます。

 

幟町公園で会場設営。

 takidashi07

ん?校長先生!!

 

配膳を前に,下級生に指示を出す上級生。

 takidashi08

「ただ食事をお配りするだけでなく,ともに時間を過ごすこと,交わりを持つ心を大切に!」

実務,マインド,動き方…上級生が状況に応じて全て指示を出してくれるので,私達教員は後方から見守るだけ。

 

配膳。

 takidashi09

 

takidashi10

この活動を始められた牛尾神父様がご帰天されてから,初めての炊き出しでした。

保護者の何人かは,長束のお墓参りをされてから,活動して下さいました。

 

行いをもって愛を実践すること。

人との交わりの中で十字架を感じること。

牛尾神父様が後姿で示してくださったことを,これからも私たちは大切にしていきます。

国内イエズス会4校合同練成会2018年03月29日

3/22(木)~25(日),六甲学院・栄光学園・上智福岡・広島学院の高校生が集まり,合同錬成会を行いました。会場は,上智短期大学部(神奈川県秦野市)。

 islf1

この練成会の正式名称は,Ignatian Students leadership Forum春【略称:ISLF春】といい,目的は以下の通りです。

(1)イグナチオにならったリーダーシップを学ぶ

(2)人生の意味・目的について考え,将来の方向性や自らの使命を発見する

(3)国内のイエズス会姉妹校4校の仲間との議論や交流を通じて,友情の絆を深める

 

プログラムは森神学生がコーディネート。

セッション,分かちあい,フィールドワーク,祈りなどを通じて,“Finding God in All Things(すべてのものの中に神を見出す)”,“others(他者)と出会うこと”について深く考えていきました。

 islf2

普段,なかなか顔をあわせることのない4校の生徒ですが,すぐにお互い溶け込み,活発な話し合いができました。

参加生徒が新年度,良き仕えるリーダーに成長できますように。

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

S