広島学院中学校・高等学校

  • 受験生の皆様へ
  • 保護者の皆様へ
  • 卒業生の皆様へ

学校便り

トップ > 学校便り記事一覧

あたたかな冬の昼……2020年01月15日

今日は昼休みに、ソフトボールのエキシビジョンマッチがありました。

優勝クラスの高2D組と、教員選抜チームの真剣な戦いでした。

 

 

 

結果は……??

1対1の同点!だったようです。

どちらにとっても、胸を張れる(胸をなでおろす?)結果となりました……。

3学期始業式2020年01月08日

新学期が始まりました。

 

1月から3月の3ヶ月間。

4月からの新しい年度のための準備をする大切な80日あまりであると同時に

今年度の締めくくりでもあります。

 

日々の生活、健康管理、勉強、部活動、校内活動、マラソン大会……

頑張っていきましょう。

 

二学期終業式2019年12月18日

二学期も、今日で終わり。

テストが次々に返ってきて、各科目の宿題が出たあとは……

みんな揃って、大掃除です。

 

どんな塵も見逃しません。

正面玄関のガラスを新聞紙で拭いています。階段の下を、箒で掃いています。

 

 

中学ホール前のマット下も、落ち葉で詰まっていました。

手首まで突っ込んで、きれいにしていました。

 

 

終業式。

3週間ほど前の教皇フランシスコ来日をふまえて、私たちが今やらなければならないことについて校長先生が話されました。

また、式のあと、科学オリンピックの表彰もありました。

 

みなさんにとって、2019年はどんな年だったでしょう。

大みそかまで、あと13日になりました。

まだまだホームページの更新はあるかもしれませんが……

 

よいクリスマスと、新年をお迎えください。

 

 

アドベント2019年12月04日

アドベント(Advent 待降節)はキリストの降誕を待ち望む季節……

クリスマスを静かに待つ時間です。

 

いつのまにか、今年もあと28日間となってしまいました。

はやいもんだなあ、と思いますが、それ以上に、残りのひと月たらずを大切にしたいなあと思います。

皆さんにとって、2019(平成31・令和元)年はどんな1年だったでしょうか。

 

3時間目のあとの前庭。

バスケットボールを一生懸命に、ゴールに入れようとしている生徒が数名、いました。

 

職員室のカウンターでは、質問に来た生徒に先生方が答えていました。

 

たった10分の休みの中にも、生徒たちの一生懸命なまなざしを感じます。

 

 

 

 

 

平和公園にて2019年11月27日

今月23日から日本を訪れていた教皇フランシスコも、昨日、羽田空港から帰国の途につかれました。

教皇ご自身にとっても、今回の訪問は大変実り多い、印象深いものであったようです。

 

「この国での私の滞在は短いものでしたが、密度の濃いものでした。 聖フランシスコ・ザビエルの生涯に強い刻印を残し、多くの殉教者が彼らのキリスト教信仰の証を残したこの土地を訪れる機会を与えられたことを、私は神と日本のすべてのみなさまに感謝いたします。」(昨日の上智大学での講話より)

 

日曜日(11月24日)の夜の広島の平和記念公園での「平和のための集い」。

約2000人が参加したこの集いに、本校からは8人の生徒が参加しました。

 

このとき記念にいただいたカードと、当日のプログラム(式次第)。お借りして、写真に収めさせてもらいました。

 

警備が厳重で、式典中の写真撮影などは一切できなかったそうですが……。

これは、集いのあと、中国新聞のジュニアライターから取材を受けているところです。

彼ら一人一人の胸の奥に長く残る日になりますように。

 

<記帳メッセージ>

 

    I have come as a pilgrim of peace, to grieve in solidarity with all who suffered injury and death on that terrible day in the history of this land. I pray that the God of life will convert hearts to peace,reconciliation and fraternal love. 

                            Francis   

                           24 11, 2019

 
 

(日本語訳)

   わたしは平和の巡礼者として、この地の歴史の中にあるあの悲惨な⽇に、傷と死を被ったすべての⼈との連帯をもって悼むために参りました。 いのちの神が、(わたしたちの)⼼を、平和と、和解と、兄弟愛へと変えてくださるよう祈ります。                   

                           フランシスコ

                          2019年11月24日

秋の空が……2019年11月20日

日ごとに高く高く感じられるようになりました。

 

図書室には、今週末に来日する、教皇(法王)フランシスコについての本がたくさん展示されていました。

少しずつですが、借りていく生徒も増えているそうです。

 

教皇の使徒的書簡や回勅も、たくさん図書室に入っています。

レンゾ管区長が以前おっしゃったように、教皇のさまざまな過去の講話の「声」に耳を傾け、

書かれた回勅などを少しでも読んでみることも、大切なことだと思います。

 

図書室の前の廊下にも、最近の新聞記事が掲示されていました。

 

38年ぶりの日本への、そして広島への教皇訪問ということで、マスコミも積極的にとりあげてくれています。

来広当日は平和公園の入場が制限されたり、平和記念資料館が午後閉館になるようですが、

(平和記念資料館は)20時から22時には開館するそうです。

 

 

 

……皆さんの国は、戦争がもたらす苦しみについて、よく知っています。人類の歴史において核兵器による破壊が二度と行われないよう、皆さんとともに祈ります。核兵器の使用は、倫理に反します。


また、対話の文化と兄弟愛の文化がもつ重要性も、皆さんはご存じです。とくに、異なる宗教との対話は、隔てを乗り越える助けとなります。人間の尊厳への尊重を促進し、すべての国に全人的な発展をもたらすものです。

 

わたしの訪問が、後退せずに持続する揺るぎない平和へと導く、互いの尊重と出会いという道を皆さんが歩む励みとなることを期待しています。平和は美しいものであり、それが本当の平和なら、失うことのないよう、必死で守るべきものです。


皆さんの国の特徴である美しい自然を見る機会もあるでしょう。わたしたちがともに住む家であり、皆さんの文化において満開の桜に象徴される美しきこの地球がもついのちを、はぐくみ守るという望みをともに表明しましょう。……

 

           教皇フランシスコ (来日に際して発表されたビデオメッセージより)

 

 

 

今日は避難訓練もありました。今回は地震を想定した訓練。

10時30分……

2時間目が終わった直後に、放送がありました。

 

全校生はきちんと放送や担任などの指示に従い、速やかに前庭に整列。

どの学年も放送終了から3~4分で、学年全員の確認が完了したようです。

 

広島でも、巨大地震やさまざまな災害が今後起きてしまうかもしれません。

つねにいろいろな事態に備えたうえで、いつ何が起ころうとも落ち着いて、迅速に適切に行動することが大切だと

あらためて思いました。

 

文化祭に向けての準備が……2019年10月30日

各サークル・各クラブで本格的に始まっています。

 

今日の午後は保護者面談がありますが、前庭には例年通り、献血車も来ていました。

 

例年、たくさんの生徒が献血に協力してくれます。

今年は何人、献血してくれるのでしょうか……??

 

 

中央玄関には、野球部の優勝旗が立っています。

やはり、優勝旗というのはいい。

本校としても、誇らしいですね。

 

10月も、明日で終わります。

明日も祈りの集いが8時10分から聖堂であります。

日ごとに寒くなりますが、明日も元気よく、一日を始めましょう。

 

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

S