広島学院中学校・高等学校

  • 受験生の皆様へ
  • 保護者の皆様へ
  • 卒業生の皆様へ

学校便り

トップ > 学校便り記事一覧

1学期終業式2019年07月17日

 

今日はテスト返却のあとの、大掃除。

 

1学期間つかった教室や、学校をいつも以上にきれいにしました。

 

終業式では、はやぶさ2プロジェクトについてのお話(校長先生)がありました。

 

明日から、6週間の夏休み。

勉強に、クラブ活動に……

充実した夏にしてください。

 

 

2週間後の7月31日は、聖イグナチオ=デ=ロヨラの祝日です。

この日は13時から、聖堂でミサがあります。

お時間のある生徒・保護者の方々、ぜひご参加ください。

 

 

昼休み……2019年07月03日

真剣に、卓球で闘っている生徒もいます。

 

働いている、図書委員もいます。

 

1学期末が近づき、生徒たちがこれまで以上に、1秒1秒を大切にして、集中してとりくんでいるように感じます。

気のせいかな??

 

 

テスト勉強もがんばってくださいね。

 

中2のIL授業より2019年06月25日

中2のILに、今日は東京から講師の方がお話に来てくださいました。

岩手県大槌町(おおつちちょう)出身のトランペッター、臺隆裕(だい たかひろ)さん。

2011年3月の東日本大震災当時に高校生だった臺さんから、震災当時のことや、

その後の人生についてお話をしていただきました。

 

幼い時からエレクトーンを習うなど音楽に親しんできた臺さん。

トランペットとの出会いは、小学校4年生の時でした。

そして2011年3月11日は、通われていた高校の終業式だったそうです。

 

アルペ講堂がしーんと静まりかえるくらい、

皆、しっかりと耳を傾けていました。

 

昨日、朝礼では「言うべきときにきちんとことばを発すること、黙すべきときには沈黙すること」の大切さについて話がありましたが、

いろいろな人の話にしっかり耳を傾け、謙虚に学んでいく姿勢も大切です。

これからも大切にしてくださいね。

 

 

教育実習修了まで……2019年06月19日

とうとう、あと三日間となりました。

 

教育実習生の授業を、観に行きました。

私のほかにも7人の先生が授業を観にいらっしゃっていました。

 

漱石の『夢十夜』を読み、話し合っていました。

高校生らしく、活発に意見を出していました。

 

(今週末のオープンスクールも、近づいてきています。お天気が少しだけ心配ですが、全校でしっかり、準備していきたいと思っています!)

 

2時間目のあとの休み時間……2019年06月12日

といえば中間体操ですが、

今日はその時間一生懸命に仕事をしている週番の生徒たちを撮りに、中学の廊下・教室を回ってみました。

 

廊下の掲示にありました。

今日6月12日は、アンネ・フランクの誕生日だそうです。

彼女がもし生きていたなら、今日で90歳。

そんなに昔の話でもない歴史にきちんと向き合わなければならないと改めて感じました。

 

中1の週番が2人で協力して黒板をきれいにしています。

 

黒板消しもきれいにしています。

次の授業が(先生も生徒も)気持ちよくはじまっていくように、縁の下で頑張っているのが本校の週番です。

放送で「オリンピック・マーチ(1964)」が流れる最中も、「中間体操の音楽」が流れるときも、

黒板消しクリーナーの音や週番が働いている物音が校舎内のあちこちから聴こえます。

 

校内をきれいに2019年06月05日

今日6月5日は「環境の日」。

47年前の今日(1972年6月4日)からストックホルム(スウェーデン)で開かれた「国連人間環境会議」を記念して定められています。国連でも、日本の提案を受けてこの日を「世界環境デー」としているそうです。

 

本校は、今日も昨日に引き続き、保護者面談。

面談がはじまる時刻まで昼食・掃除・帰り支度ととてもあわただしいのですが、

昨日はみんな協力し、掃除していました。

 

  

 

 

 

   

 

 

 

 

  

渡り廊下の階段などを見ても、ゴミ1つ落ちていませんでした。

頑張っています。

 

 

今日も校舎内外、すみずみまで、きれいにしましょう!

 

週なかば2019年05月29日

 

高校3年生は模試を受ける一日です。

目の前のことに一生懸命に頑張る横顔。

世界中どこででも見られる光景でしょうが、私たちも本校でたびたび目にします。

美しいものです。

 

 

 

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

S